【夢占い】照明器具がつかない、壊れる夢をみた人は危険ですよ!

おはようございます。

あなたは照明に関する夢を見たのですね。

 

照明は知恵や知識、精神を表し、どういった種類の照明か、どのくらいの明るさの照明だったかで意味合いが違ってきます。

照明の光が明るければ明るいほど、素晴らしいアドバイスがあったり、ひらめきを得て未来が開けてきます。

 

照明器具がつかない夢を見た場合の夢占い

 

 

それまでついていた照明が突然消えてしまう夢は、恋愛面での落胆やあなたが傷つく可能性を示しています。

 

照明器具がついたり消えたりしている夢は、不安定な状況や将来の不安を暗示しています。

最終的に照明が消えて目が覚めてしまったら、あなたのダメージになることが起こるかも知れません。

 

照明器具が壊れる夢を見た場合の夢占い

 

明かりがある夢は全体的に将来への展望が開けていくことを意味します。

しかし、その明かりを灯す照明器具が壊れてしまう夢は、これから思わぬトラブルや失敗が起こる警告です。

 

事故や人間関係の問題に関して、普段以上に慎重になった方が良いでしょう。

 

あなたの夢に出て来た照明器具が蛍光灯であった場合、それは性的な意味を含めた快感を表しています。

夢の中で蛍光灯が壊れていた場合、欲求が満たされていない事への不満を意味しています。

 

逆に壊れていた蛍光灯が治った夢の場合、性的な欲求に対してポジティブになったり、身体の調子が良くなっている、健康になっている暗示でもあります。

 

 

懐中電灯の夢を見た場合の夢占い

 

懐中電灯等の小さな照明の灯りは、

「周りの人への敬意や尊重忘れないように!」

と言う警告です。

 

失礼な態度をとって失敗しないようにして下さい。

 

明るい照明の夢は、良い事が起こる前触れ

 

シャンデリアのように明るく輝く照明は、成功と繁栄を意味します。

全般的に良いことが起こったり、思うように物事が進む兆しです。

 

ランプの明かりは自力で問題を解決しようとする意欲の表れです。

その気持ちを大切に行動しましょう。

 

また、あなたが自分でランプをつけたら、あなたにふさわしい恋の相手を見つけることができる兆しです。

 

松明が勢いよく燃えている夢は、恋愛面でのうれしい知らせや展開が待っている暗示。

あなたを愛している人が近くにいるのかも知れません。

 

暗い場所から明るいところに出る夢は、性的な意味での解放されたい願望を表します。

それだけに羽目をはずしすぎて後悔しないように気をつけてくださいね。

 

明かりが暗いのは、将来に対する不安がありそうです。

焦っているのかもしれません。

 

遠くに明かりが見える夢は、時間はかかるけど努力は必ず報われます。

 

運勢を良くするのもしないのもあなた自身の行動にかかっています。

照明の夢を見たら、できるだけよく考える心がけをしてください。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました